true tears ご来城記念ファンイベントレポ

  • Day:2009.07.05 20:30
  • Cat:雑記
090705_1027201.jpg
090705_1758071.jpg



え~、というわけで・・・

本日7月5日、城端で行われたアニメ『true tears』のファンイベントに行って参りました。
で、そのレポートなんかを書きたいと思います。
イベントから帰ってばっかりのテンションで書いてますので、多少見苦しい点があるかと思いますが、お許しをw

それでは、長くなるので下に格納。
http://johanaza.city.nanto.toyama.jp/event/index.html

このイベント、元々は会場であるじょうはな座のリニューアルイベントとして開催されたもので、それに南砺市を舞台にしたアニメ、true tearsのイベントをということで決まったらしいです。
僕は大学時代は富山にいましたが、南砺市は行ったことがなかったので、迷わないか心配でしたが、何とか無事に尽きました。「南砺市(なんとし)」だけに。・・・・・^^;

さて、それは置いといて・・・


開演10時30ちょっと前に会場に到着。で、入り口でこの写真を撮りました。
090705_1027201.jpg


こういうイベントは初体験なんですが、予想通り会場は男性が8割。中にちょいちょい女性がいたけれど、ほとんどは男性ですね。会場は思ったより綺麗&舞台との距離が近かった。僕の席は1階の最後尾だったのですが、後ろすぎて見えない~なんてことは無かったです。

まずは午前の部。
ここでは、キャスト陣が選んだベストエピソード6話分のうちの5話分の放映
確か、1話、6話、7話、10話、11話、13話の6つ。(13話は午後の部)
映画館並の大きなスクリーンでみるのはまた格別でした。
僕はリアルタイムでアニメを見れなくて、DVDで見たんですが、けっこう前に見たはずなのにけっこう覚えてました。まだまだ若いなw

その後は休憩で昼飯タイム。
弁当自体は主催側からの支給があったので特にお金を使うこともなく、おいしく頂きました。
残念ながらお弁当の写真は撮り忘れちゃったんですが、
090705_1750141.jpg

この写真の下の案内にメニュー載ってます。
けっこう豪華です。
この手のイベントの弁当ってお茶におにぎり~とか考えてたんですが、がっつり弁当が出てきたのでちょっとびっくりしましたw
で、何でもメニューの「とりの竜田揚げ」に雷轟丸(=アニメに出てくる鶏の名前)の肉が使われている~なんていうことを聞いたんですが、それに関しては後ほど。


休憩を挟んで午後の部突入。
まずはアニメの13話を視聴。
それからいよいよキャスト陣のトークショー!
メンバーは、
仲上眞一郎役:石井 真さん
石動乃絵役:高垣彩陽さん
湯浅比呂美役:名塚佳織さん
安藤愛子役:井口裕香さん
西村純二監督
シリーズ構成岡田麿里さん


の計6名。
以下はキャストさんの印象。
仲上眞一郎役:石井 真さん…眞一郎のイメージをぶっ壊すほどのキャラ。一言でいうと「うぜえww」司会進行はgdgdだし、プロデューサーに無茶振りされてラップを披露したりで、とてもおもろいにいさんでしたw

石動乃絵役:高垣彩陽さん…最初に出てきたときは「今時のギャル」って印象受けました。が、誰よりも深々とおじぎしていたり、最後の挨拶で感極まって涙したりと、「あぁ、この人は真面目な人なんだな~」という印象に変わってました。あと天然w

湯浅比呂美役:名塚佳織さん…隣の高垣さんが小さかったからか。すごく背が大きく見えた。黒髪のスレンダー美人さん。キャストの中では割とツッコミ役だったかも?

安藤愛子役:井口裕香さん…名塚さん同様スレンダーな美人さん。そこまで喋ってなかったので印象はあまり残ってないんですが(オイオイ)、のんびりした方のような感じ?

西村純二監督…ナイスミドル&いろいろぶっちゃけてたwwアニメ見るだけだと絶対分からないような制作秘話とか満載で会場爆笑ww

シリーズ構成岡田麿里さん…シリーズ構成・脚本などを手がけている方なのですが、想像よりもずっと若い女性でした。さりげなく監督のダメ出ししてる姿が素敵でしたw

トークの内容は、午前の部で上映していた「キャスト厳選本編エピソード」の解説。なぜ選んだのか、印象に残っているシーンやセリフなどなど・・・時折アニメでは分からないような裏話を交えていたので飽きずに楽しめました。

その後はトークを一時中断する形で、eufoniusの生ライブ。
ボーカルのriyaさんは地声が思ったより低く、「この人、本物?」と思ったくらい。その後の歌声で本物だと確信しましたがw
歌ったのは10話の挿入歌の「そのままの僕で」と、主題歌の「リフレクティア」。
やっぱ生歌は最高です!!
リフレクティアは、何回も聞いていて正直飽きた感があったけど、もっと好きになった。鳥肌たちっぱなしでした。eufonius最高!秋に出るアルバム買いますよ!!

次に、中断していたトーク再開。眞一郎役の石井さんがラップやったり、「油虫の歌」を何故か会場全員で合唱したり・・・何このフリーダム劇場ww楽しかったからいいけどw
それと、南砺市市長から直々に発表があって、
true tearsが南砺市の観光親善大使になったそうです!!
アニメが観光大使ってどういうことなの・・・

それを挟んで、チャリティーオークション。
隣の県に住んでるのに、南砺市がそんなことになってるなんて知らなかった・・・

オークションで出されたのが、

・ドラマCD(サイン入り)
・タペストリー(サイン入り)
・主要キャラ3人のサイン入り色紙(一点もの)

の3つ。あんまり高くなるとアレってことで、額を設定したのですが・・・

ドラマCD…5千円
タペストリー…5千円

まぁここまでは予想通りというか、予想できた金額。

が、

色紙…10万円

( ゚д゚)

色紙に10万!?いや、確かにこの日のためにキャラデザさんが書き下ろし、かつサイン入りではあるし星井けれど!一気に10万まで跳ね上がるって…シンジラレナーイ
貧乏新米社会人には届かない額ですよ、ええ本当に。

オークションの後は、再びキャスト陣が勢ぞろいし、最後の挨拶。ちなみにですが、雷轟丸の肉事件は、スタッフのイタズラだそうで・・・それが書かれている案内持ってる人が原画を貰ってました。
最後の挨拶で高垣さんが感極まって泣いていたのが印象的でした。

ここまでが「true tears」のイベント。

最後にはP.A.WORKSの最新作「CANNAN」第1話を視聴。
原作未読。ゲームの「428~封鎖された渋谷で~」が元らしいです。
なかなか動きがあっておもしろそうだな~という印象でしたが、キャラが多いのと、原作は渋谷なのに舞台は上海ということで混乱。結局訳がわかんなかったw でも主題歌は格好良かった(・∀・)b


以上、ここまで長々とイベントの内容を感想付きで書いてみました。
冒頭でも言いましたけど、僕は田舎者故、今までこういったイベントとは縁がなく、初めての参加だったのですが、すごく楽しめました。思い切って応募して本当に良かった・・・
これからもぜひ機会があればこういったイベントとかにも参加したいな~・・・

ちょっと関係ないかもしれませんが、もっとアニメ見てかないとな~とも思いました。いつもは時間が無いなどと言い訳してるんですが、今回のイベント参加で、今家にたまっているアニメ、少しずつ見ていこうかな~という風な気持ちにもなりました。

それでは最後に。
今回のイベントに携わった全ての皆さん



ありがとうございました!とても素敵な思い出ができました!!


本編にひっかけたというわけでもないですが、僕も頑張って「飛べる人間」になりたいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)